キャバ嬢の稼ぎに直結する指名システム

キャバクラに来店した男性のお客様は、遅かれ早かれ、そこで働いているキャストの女の子を指名することになります。
特定のキャバ嬢を指名し、その子と仲良く楽しくお話をして盛り上がるわけですね。
この指名をゲットできるかがキャバ嬢の女の子の稼ぎや収入に関わってくるんですけど、指名には主に2つの種類があってそれぞれに違いも出てくるので、指名システムの概要とともに、この機会にしっかりと覚えておきましょう。



キャバクラ店の指名には「本指名」「場内指名」の2つがあります。

 『本指名』とは

すでにお客様がどのキャストの女の子を指名するかを心に決めていて、来店と同時に「あの子でお願いします!」と申し出ること。
今風に言うと「推し」ってところですかね。

 『場内指名』とは

特に推しの女の子がいないまま来店し、店内で同じテーブルについてくれた女の子をいろいろと見定めて、「この子を指名します!」と申し出ることです。
その場で一目惚れって感じでしょうか。

キャバ嬢の収入に直結するというのは、この指名をどのくらい受けることができるかが時給の額やインセンティブに関わってくるということです。
つまり、指名が多ければ時給がアップするし、それ以外の歩合の部分でも上乗せされていくので、たくさんのお給料が受け取れると、そういう仕組みになっているんですね。

  京都でも“本”指名をいかに獲得できるかがポイント!

本指名と場内指名の違いについては理解できたと思いますけど、大事なのはここから。
実は、この2つの指名スタイルには大きな差があるんです。
“本”指名の方がお店にとっては価値があるんですよ。

なぜなら、その子を目的に来店してくれているので、長く太いお付き合いになってくれる可能性が高いから。
お店に入ってから指名するキャバ嬢を選ぶお客様は、いわゆる“フリー”の方。
適当にお店に入って来て、その場で楽しむ感じなので、2度目や3度目の来店があるとは限りません。

お店にとって価値があるということは、それだけ待遇にも反映されるということでもあります。
キャバクラ嬢にとっては場内での指名よりも来店時に必ず指名してくれる固定客を狙わなければならないんです。
そして、それは激戦区である京都エリアのお店で働くなら尚更必要なことになってきます。

女の子のゲットしたポイントに応じて時給を変動させるシステムを採用しているお店でも、そのポイント数は本指名の方が上!
同伴にも繋がるしお客様もお金を落としてくれやすくなるので、こちらの指名を増やした方が、キャバ嬢の懐も温まりやすくなります。

だからこそ固定客を獲得するのは簡単ではないんですけど、収入には直結するし、より頑張り甲斐があるんだと思っておくことが大切。
とりあえず両者の違いを知っていれば予備知識としてはOKですけどね。